身体の内側からの変化で毎日を美しく!
日本リビングビューティー教会 プレミアム認定校/ローフードマイスター 新岡山校

ローフードとは

大切なのは"酵素"

ローフード(raw food)とは、野菜や果物などの食材に火を通さず”生のまま食べる”食事法。野菜や果物に含まれる酵素やビタミン、ミネラルなどの栄養素をしっかりと摂ることができます。また、酵素は加熱すると失われてしまいます。酵素が破壊されない温度「48度」以下であれば、調理も可能です。

消化がしやすい

生のまま食べるので、サラダやスムージーなどが代表的。アレルギーのある方や、ひとり暮らしなどで食事が偏りがちな方や、高たんぱく質、高脂肪の食事で太り気味の方などは、ローフードを生活に取り入れる事で、体のリセットを手助けできます。

ダイエットにも◎!

野菜や果物などの酵素を積極的にとると、消化酵素として働かせることができ、この酵素の働きによって、体内のデトックス効果も向上、代謝アップにもつながるので、痩せやすいカラダにも!

ローフード=ベジタリアン?

野菜だけを食べるという決まりはまったくありません。酵素が失われない48度以下で加熱されているなら肉類・魚介類もOK、豆腐や納豆、味噌などの発酵食品やナッツやフルーツなどもOK!出来る事を出来るときに出来るだけ、負担のないように楽しく、身体に好い事を取り入れます!

海外セレブがハマるのも納得!

マドンナやテイラー・スウィフトもローフーディストと言われています。美容や健康に良く、なおかつお手軽なので美意識の高い海外セレブたちが実践しているのも納得できます。

ローフードを選ぶ理由

私たちの60兆個の細胞は私たちが食べているもので出来ています。 何をどう食べるのかは命に繋がる細胞レベルで大切な事なのです。良いと言われることを自分から身を乗り出して取り入れる事が、未来の元気な自分や家族の健康を作る事と直結している事を知っていただきたいと願っています。