身体の内側からの変化で毎日を美しく!
日本リビングビューティー教会 プレミアム認定校/ローフードマイスター 新岡山校

プロフィール

日本リビングビューティー協会プレミアム認定校 新岡山校 代表
IAA国際アロマテラピー学院 岡山校 代表
アロマテラピスト養成講座・プロフェッショナルコース(リンパドレナージュ)
ニューロオリキュラー講座・インド式フェイシャル講座・ 肝臓のレインドロップ講座 他
Je le prends認定メディカルアロマセラピスト
ペットメディカルアロマケアスクール 代表

ローフードに出会うまで

長くなりますが、私がローフードにたどり着いた経緯をお伝えしようと思います。

子供の頃に遡り、農薬を使っていない作物を母や祖母が作ってくれていて、それを毎日食卓で食べていました。 その当たり前の食生活が、自身が母になり研ぎ澄まされ、質の良い食べ物が身体には大切という感覚があり、子供達の成長場面では出来るだけ手作りの食事やおやつを作る等日々心がけていました。

年を重ね、子供達が身体が弱かった事、私も年齢的なものから身体の不調を抱えた時期が重なり、 食事の大切さを改めて考え、様々な食生活を追求するようになり、日本の気候風土に合う『マクロビオテック』に到達しました。

世間一般に言われている事に関しても詳しく学び突き詰めていくと、実は間違いが多く、今まで食べないと栄養が摂れないと思って無理に食べていたものが実は負担になっていた・・・ そんな驚きの事に幾度も遭遇。

マクロビオテックは、私にとってとてもストレスの少ない最高の食事スタイルでした。 素材の野菜はもちろん無農薬は基本。 調味料にもこだわり無添加、自然な昔ながらの丁寧な作り方をしているものを突き止めお取り寄せするのが基本で、そういうものって今の時代程インターネットで気軽ではなかったので、自分だけでこっそり良い物を見つけてはホクホクしていました。

メディカルアロマテラピーとの出会い

そして今から約10年前になりますが、メディカルアロマテラピーに出会い、人の身体を元気に維持するには身体の中から細胞レベルで整えなければならない事を知り、 エッセンシャルオイルを使った酵素をとるローフードがアメリカである事を知りました。

「当初のイメージは、生で野菜を食べて身体が冷える。」 「日本人にはマクロビが合ってる。」 「野菜サラダなんて昔から当たり前に食べてるし。」 と思いながら足を踏み入れました。

飽食の時代、選ばないとどんどん太ってしまう栄養価の低い高カロリーの食事。贅沢な悩みを抱えている人々が多い中、実は自分もそういう中のひとりで、非常に燃費の良い身体で、少し手を抜くと直ぐに太ります。このメカニズムも全て自分の身体でモニタリング済です。

食べないダイエット、一つの食べ物だけのダイエット、これでは身体を壊してしまいます。 必要な栄養素を意識して摂らなければ痩せることも出来ません。 リバウンドも大いにあります。 身体の細胞は自分の食べたもので出来ていることを知ると、何をどう食べるかという知識が非常に大切なのです

自分のため一生使える〝食"に関する知識が大切なのです。身体にいろいろな不調が起きる時、食べ物を変えたり工夫したりすると変化が訪れることは多々あります。

私のローフードに対する当初の勝手な見解も、きちんと学ぶとそれら全てきちんとした納得できる答えが見つかり、まだまだ知らない栄養知識が存在することに気付きがあり、人は知識から全てが始まると痛感しました。

自分はもう十分今の知識でいいと満足し、決めつけていたら、どんな有益な新しい多くの良い知識は入って来ませんでした。 いかに良いと言われることを自分から身を乗り出して取り入れるかが、未来の元気な自分や家族の健康を作る事と直結している事を、自分の体験からも知っていただきたいと願っています。